まんぼう(翻車魚)

最近、釜石で「まんぼう」を食べた。生まれて初めてのことで、まさに珍味だった。

私にとって、「まんぼう」は食するものではなく、水族館で眺めるものだった。

大きいものでは、体長4メートル、重さ2トンを超えるものもいるそうだ。それほど大きくなくても水槽をゆったりと泳ぐ「まんぼう」の姿はなかなかのもので、特異な風貌も魅力だった。
食用になることは知っていたが、私の暮らしてきた東京や横浜には「まんぼう」料理はなかった。

調べてみると、「まんぼう」を食べる地方はそう多くはない。岩手県から千葉県にかけてと三重県、和歌山県、高知県などの太平洋沿岸の一部の地域に限られている。その地方でも「まんぼう」漁があるわけではなく、定置網に偶然かかったものが水揚げされる。と言うわけで、漁獲量が少ない。その上、魚肉そのものが水分を多く含んでいるので、鮮度を保つのが難しい。海から遠い町までは入ってこなかったのだ。もっとも、今は冷蔵技術も進んだので、都内にも「まんぼう」を出す店はあるらしいが、行ってみたことはない。

私が食べたのは「まんぼう」の腸の塩焼きだった。「まんぼう」の腸は「ひゃくひろ」と呼ばれるほど長いそうだ。が、食べたのは小片5個ばかり。コース料理の一品として皿にのって出てきた。塩焼きだった。珍味への期待と、腸特有の臭みへの恐れを抱きながら、箸をのばす。ほどほどの塩加減のよさで、噛むとしこしことした歯ごたえが楽しめた。臭みは全くない。と言うよりも、これと言って格別な味もない。料理人の振った塩味と噛んだ時の食感だけだった。もちろん不味いわけではない。が、美味しいと絶賛するほどでもない。ああ、珍しいものを食べたと言う満足感の方が大きかった。

「まんぼう」の料理法には、刺身や酢味噌和えなどがあるそうだ。残念ながら、それらは食べそこなった。いずれまたの機会に賞味してみたいものだ。

(M)